淡路島西洋野菜園へ。~美味しさ追求記~
こんばんは!!
mothersも新しいスタッフが多数加入し、野菜の美味しさの追求を更に深めて行こうと奮闘中なのです!!っと言う事で、何度か見学に伺っている淡路島西洋野菜園の柴山さんを尋ね、いざ淡路へ。
f0195770_17304222.jpg


10月27日に伺ったのですが、快晴で、暑いくらい。
途中、曇りましたが、お天気も崩れず、農園見学日和です。

まずは、いつも通り畑見学です。

f0195770_17341289.jpg
f0195770_17344230.jpg
f0195770_17351468.jpg
f0195770_1736123.jpg
f0195770_17362591.jpg
f0195770_17365750.jpg
f0195770_173823100.jpg
f0195770_17402649.jpg
f0195770_17405640.jpg
f0195770_17413234.jpg
f0195770_1742964.jpg


色んなお野菜あります。
時々、食べたりもしながら...
f0195770_1811923.jpg
採れたておーいしーーーー!!

柴山さんが、丁寧に説明をして下さいます。
f0195770_18162982.jpg


そして、珍しいお野菜を収穫してみせてくださったり。
f0195770_18165290.jpg

これは、西洋ゴボウのサルシフィ。
特に珍しく白いホワイトサルシフィです。
ほろ苦く、甘味もあり、サラダでも、軽くソテー、フリットでも。

そして、畑を周り終えた後は、収穫のお手伝いです。
なかなか慣れない畑仕事に悪戦苦闘。
美味しさの追求は一筋縄ではいきません。
f0195770_18144137.jpg
f0195770_1815953.jpg
f0195770_18153874.jpg


ちなみに、今日の収穫は「パープルスイートロード」という、紫色のさつま芋です。
今年はさつま芋の出来がかなり良いらしく、おおきいパープルスイートがゴロゴロ。
f0195770_18135845.jpg

蔦を切り、土を周りからほぐし、芋を傷つけないよう、丁寧に掘っていきます。
幼いころの芋掘りはすでに、蔦が切ってあり、土もほぐされ、見つけるだけの状態があらかじめ準備されているとの事。本当の芋掘りは大変なんです!!

頑張っているとこんなに大きな物も採れました!!
f0195770_18194223.jpg

とったどーーーーーーー!!!
f0195770_18202190.jpg

どやっ!!
パープルスイートはこの後、1ヶ月熟成させて甘味を出します。
寝かせて美味しくなるとは、なる程!!採れたてだけじゃない美味しさもあります!!
丁度、伺ったのが1ヶ月前なので、今が食べ頃ですね。
通常の紫芋より、味が良いと評判で、甘味もしっかり。
んーーー、秋の味覚だーーー!!

何度も書きますが、柴山さんの無農薬とは、安心と美味しさ、そして野菜本来の強さ。
そして、なかなか無農薬で手に入らない西洋野菜。
一朝一夕では作り上げられない「価値」がそこにはあります。
そんなお野菜をイタリア料理という形でお届けする僕達mothersも、
お野菜の価値を損なわず、いや、より一層の価値を生み出せるよう美味しく調理し、盛り付け、
最高のタイミングでお届け出来る様に日々励みます。

安心、安全、美味しく、強く、笑顔溢れる 「料理」を目指し、また頑張らねばと思う見学でした。

その後は柴山さん宅でお野菜とお肉で焼き肉とビールを頂き、淡路を後にするのでした。
[PR]
by mothershall | 2014-11-22 19:37
<< 1年ぶりに大村農園へ行って来ま... mothers Hallowe... >>